ナビゲーション・リンクをスキップ

パッケージ jp.ossc.nimbus.service.ejb

NimbusのEJBサービスを提供します。

参照先: 説明

パッケージjp.ossc.nimbus.service.ejbの説明

NimbusのEJBサービスを提供します。

EJB2.0までのEJBは、EJBの参照を取得するのに、以下のような複雑なAPIの呼び出し手続きが必要になる。

  1. JNDI環境変数を指定して(またはjndi.propertiesをクラスパスに置いて)、JNDIコンテキストを生成する。
  2. JNDIコンテキストからEJBホームオブジェクトをlookupする。
  3. EJBホームオブジェクトを必要なインタフェースへnarrowする。
  4. EJBホームオブジェクトからEJBリモートオブジェクトをcreateする。
  5. EJBリモートオブジェクトのメソッドを呼び出す。
また、毎回JNDIコンテキストからEJBホームオブジェクトをlookupすると、 そのたびにJNDIサーバとの通信が発生するため、通常はEJBホームオブジェクトをキャッシュする仕組み等を考える必要もある。

このようなEJBの取得に際して発生し得る問題を隠蔽し、EJBの参照を取得するという簡潔な手段だけを抽象化したインタフェースが、 EJBFactoryです。

このパッケージでは、そのEJBFactoryインタフェースを実装したサービスを提供します。

ナビゲーション・リンクをスキップ

Copyright © 2003-2018 Nimbus Project. All Rights Reserved.